宝石を買取ってもらうときのポイントは?

宝石の価値を知るきっかけとは

宝石を手に入れた場合でも、使わない宝石もあるでしょう。宝石をたくさん持っていたり、コレクションをしている人の中にも、何かがきっかけで、ある時突然整理をしたいと感じることもあります。そんな時は、冷静になって考えれば、捨てたりするよりも買取り業者にお願いをして買取ってもらった方がよほどいいでしょう。 買取業者に買取ってもらう時には査定を行います。査定は無料のお店が増えていますので、気軽に査定をするようにしましょう。 査定をした結果、意外と価値がないことが多くがっかりすることもあります。ダイアモンドが輝いているのに、プロの目からすると余り価値がないといわれてしまうこともあります。そもそも、宝石の価値は何で決まるのでしょうか。

価値はどこで決まるのか

宝石の価値を決めるのは、種類ばかりではありません。例えば、ダイアモンドと真珠であれば、普通はダイアモンドの方が価値があると考えられています。透明度が全く異なるからです。ですが、ダイアモンドも、大きさや輝き・純度・原産地そしてカットの仕方によって異なるのです。そのように考えると、ダイアモンドが他のどの宝石よりも高価であると言うことはできなくなってしまうでしょう。 例えば、カットの仕方です。同じ質のダイアモンドでも、カットの仕方が異なれば、価値が異なります。素人から見ても全く同じように見える2つのダイアモンドも、カットの仕方が違えば価値が違ってくるのです。ダイアモンドのカットの仕方によって輝きが異なります。一番輝いて見えるカットの仕方ならば高価に買取りをしてくれる可能性があります。