損をしない宝石の売り方!

ルースだけでも諦めないで!

宝石だけの状態をルースと言いますが、この状態だと高額で引き取ってもらえるダイヤモンドでも査定すらしてくれない、という買い取りショップって意外とあるんですよね。だからといって、その宝石が無価値だとは限りません。ルースのみの状態でも査定してくれるお店に持っていったら、高額で買い取ってもらえたということも多いんですよ。 もしルースだけの宝石を売りたいと思った場合は、ルースだけの持ち込みがOKなお店かどうかを事前に確認しておく必要があります。買い取りショップの方も、宝石を撮影した画像ファイルを送信することで申し込むことが可能な、web査定なども行っていますから、前もっておおよその金額を知っておくのもいいですね。

買い取り額が大きいお店とは?

高く買い取ってくれるお店には大まかに分けて二つの傾向があると言われています。まず一つ目は、査定が丁寧であることです。待っている方は退屈してしまうかもしれませんが、査定にじっくり時間をかけているお店の方が最終的に提示される金額が高くなる傾向があります。査定力が高いので、すべての宝石の価値を見抜くことができるんですね。 二つ目は、転売先との強力なコネクションを持っているかどうかです。バイヤーとのパイプをいくつも持っているところだと高く買い取ってもらえます。中古の宝石は買い取られた後に業者の間で売買されていくのですが、お互いプロだからこそごまかせない取引となります。だから、査定力がないと業者間で取り引きする時に低価格路線をとってしまうんですね。高く買い取るところはそれだけ査定に自信があるからです。